×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食生活とダイエット

食生活とダイエット


ビールとダイエットの関係

よく「ビール腹」とという言葉を耳にしますが本当にビールを飲むと太るのでしょうか。
ビールの成分には、太る原因と考えられる栄養分としてはわずかなたんぱく質と糖分があるだけです。
アルコール分は4〜5%。
例えば日本酒は15%、ウィスキーは43%(ウィスキーは水で割る人が多いのですが)ビールにはそんなに高いカロリーもありません。

ビールは飲むことで太るという危ない飲み物ではないということです。

実は、くせ者はビールに入っているホップなのです。
ホップの苦味が消化液の分泌を促し、食欲が増加し、結果として太ってしまうという現実があります

要するに、ビールそのものには栄養分はないため、太るということはないですが、前後の食事やおつまみがビールにより消化吸収がよくなるので、結果的には太ってしまうという仕組みです。
ビールを我慢する必要はそんなにはありませんが、アルコールによって気が大きくなり、普段の食事量より増えてしまうのは気をつけなければなりません。

ダイエットに多量のアルコールは厳禁

アルコールには、血行が良くなる、元気が出るといった良い作用もあります。
ですが、それはちょびっとの時限定です。

アルコールには糖分が含有していて、カロリーが多いです。
あわせて夜食などを食べる事で、得てしまうエネルギー量を取り入れすぎてしまいます。

また、寝る前にアルコールを摂取すると、眠りに入るまで間がないので、エネルギーとして使われないのです。

布団に入る前のお酒は、なるべくやめましょう。

ダイエットには無理は禁物

ダイエットする前に、間食が普通のことになっていた方には、間食をしないと言うことはある意味ストレスとなるかもしれません。
このストレスがとっても危険働きをすることがあるのです。

極端に食生活の習慣を変えてしまうことがキッカケでストレスを抱えてしまうと減量のペースを崩れてしまう不安が出てきます。
ストレスを受けることはダイエットの敵です!

だけど間食のカロリーが気がかりですよね。

だったら間食の分だけがんばって体を動かしたり、いつもより多少食事の量を多少少なくすることで、きっちり処理することが可能です。
慌てず1日1日ちゃんとダイエットすることで、精神状態を安定させる、ダイエットには大事なことです。

もちろん、いつも間食をしない方は、意識的に間食をすることないんですよ。

食事とダイエットの関係

ダイエットで食事制限するというのは間違いです。食事回数を減らすことで、1日の カロリー量を減らし、カロリー量を少なくし、体重を減らすことができますが、なくさなくてもよい筋肉や骨のかさを減らしている為です。@1日3食、規則正しく食事する。 A必要なカロリーは摂る。食事の間を5〜6時間あけ、間食や暴食をしないで、体脂肪を効果的に燃焼させる。カロリーを管理し、 規則正しい食生活を送ることで、生活習慣病になるのを避けることにもなります。





ダイエットの基礎知識のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真