×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエットに関する話

ダイエットにまつわる話


無理なダイエットは老化を招く

ここでダイエットの失敗例を紹介します。
この頃自分の実際の年齢よりも上に見られて悩んでいる女性が増えているとのことです。

もちろん性格的にしっかりしているなんて事はいいのですが、ここで取り上げるのはお肌の質や外見のお話です。
そのような女性に共通しているのは便秘、肩こり、イライラといった不快な症状だけでなく、高血圧、高血糖など、一般的に中高年がなる生活習慣病(成人病)に悩む人が多いようです。

どうしてこのような事が起こってしまうのでしょうか。

その原因は腸年齢にありますです。
腸年齢とは、腸内の善玉菌の量だと考えてください。実際はは20代でも善玉菌の量がとても少ないので、腸年齢は40代・50代だという人も多いそうです。

それは、偏食、負担のかかるダイエット、運動不足が考えられます。
食の欧米化が進んだ今、肉中心の献立や偏食が目立ち腸内細菌に多大な影響を与えています。

いくらダイエットがうまくいってもがうまくいっても、本当の意味でこういった状況では。
繰り返しになりますが健康的に痩せなければ、成功ではなくなってしまうのです。

便秘・宿便とダイエットの関係

ビタミンB群は脂肪が燃えるのを促進するため、ダイエット中には摂る必要があります。

しかしながら、便秘や宿便になると、せっかく食事から摂ったビタミンの吸収効率が低下してしまいます。
ダイエットで無理な食事制限をすると、便秘になる事があります。

便秘が原因で、肩こり・頭痛・食欲不振・肌荒れといった症状に悩まされることがあります。
便秘や宿便はダイエットの大敵であるだけでなく、体の大敵でもあるのです。

拒食症の恐怖

ダイエットをしたことにより拒食症になってしまう事があります。拒食症にかかってしまう事があります。たくさん食事しすぐに全てを吐く、 それを拒食症といいます。拒食症で痩せると、頬はこけてしまい、げっそりとして肉がついていなく骨と皮になってしまうといった様に、見た目にも 健康的そうではなく、体にも負担をかけてしまいます。ダイエットがきっかけで拒食症にかかると、どれほど 痩せてしまっても自分では痩せていると思えなくて、まだ肥満だと思ってしまう。 拒食症が続くと、死を招いてしまうこともあるていう危ない病気です。ダイエットは 正しい知識と正しいやり方だと成功しますが、方法を間違えると不健康になってしまいます。きちんと 目標をもち、身も心も美しくなれるダイエットをしましょう。

ストレスとダイエットの関係

ダイエットを継続させていくにはストレスが大きな課題です。大きな課題です。
大好きなお菓子をずっと食べられなかったり、お酒も少量で我慢したりと、ひとつでは、それ程気にもならないことですが溜め込まれていくと結構なストレスになります。
ダイエットをおこなって、それなりの期間が過ぎますといつのまにかいらいらしてストレスを抱える人も多数いるそうです。

このストレスが要因で、体外に、ビタミンやミネラルが出ていってしまいます。
そうなってしまうと、せっかく痩せている体もリバウンドを起こしやすくなり、ダイエットを実践する以前よりストレスに抵抗力のない体になります。
なおかつビタミンやミネラルが乏しいため、食事による満腹感がないので以前よりも大食になる動向がうかがえます。
こんなことでは。

時には自分に息抜きさせてあげてもいいのではないでしょうか。
お腹いっぱい食べたり、体を意識して使うことに休みを入れたりしても平気ですよ。
あせっても良い結果は出ません。投げ出さないよう、ストレス解消方法を自分なりに見つけてみましょう。継続が、成功への架け橋です。





ダイエットの基礎知識のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真