×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

基礎代謝をアップさせる運動

基礎代謝アップでダイエットできる運動


有酸素運動の重要性

食生活を改善するだけでは、健康的にやせられません。日常生活において、気軽な運動を続け、運動をして、運動を続けるようにして、運動をするようにして、運動を続け、運動をしたりして、 中性脂肪やコレステロールを減らす努力も必要になってきます。けれども、運動することが必要だからと言って、急に ゴルフなどを本格的に始めるのではなく、趣味を増やそうという感じで軽い素振りとかから はじめるといいと思います。そういった「楽しみながら長時間できるもの」といったものでなければ人間 長く続けるのは難しいです。長続きしません。長続きするのは難しいです。特別なスポーツをしなくても散歩で 大丈夫です。かえって脂肪を燃やそうと思うのなら「歩く」のが効果があったりします。 運動には、呼吸を止めて一気にする「無酸素運動」と、息を吸ったり吐いたりして呼吸を整えながら、ゆっくりと時間をかけてする「有酸素運動」の2つがあります。中性脂肪が効果的に燃えるのは 「有酸素運動」なのです。さっき「楽しみながら長時間できるもの」と言ったのはこの為なのです。 電車に乗ってどこかに出かけたときなど1〜2駅手前の駅でおりて、歩いたりするといいと思います。
補足:体脂肪が燃焼するメカニズム

体は運動、食事制限したことにより不足した分だけ、体脂肪をエネルギー源として使用していくのです。

それから運動などで体温が上昇し、最初に血液中にある脂肪が燃焼します。

それから血糖値が下がると脂肪細胞からエネルギーを持ち出して、血糖値を安定させようとするホルモンの一種、グルカゴンが分泌されます。

このグルカゴンから命令を受け、脂肪分解酵素であるリパーゼにより体脂肪が脂肪酸とグリセリンに分解され、血液中に溶解して、筋肉に届けられて運動エネルギーとして使用されます。

こうして体脂肪が使用されるのです。

けれども、リパーゼが活性化するのに、約20分と言う時間がかかります。
有酸素運動がダイエットに力を発揮するのは20分というのはこうした理屈があるからです。





ダイエットの基礎知識のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真