×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエットをする上で気をつけるべき食事

ダイエットの為に食事で見直すべき点


食事のここを直せばカロリーを減らせる

肥満にならないようにするにはカロリーコントロールは重要です。同じ素材を使っても、調理の仕方で、ずいぶん それから、食べ方の工夫で過食も抑えることができます。

食べ方の工夫
・現在使用しているごはん茶碗よりも小さめの大きさの 茶碗を使うといいです。
・就寝前3時間は絶対に食べたり飲んだりは禁止。
・果物はビタミン豊富で、 どれだけ食べても太らない、と考えている人もいるかもしれませんが、実は、たくさんの糖分が 含まれていたりするので、少量にしましょう。

調理方法の工夫
・味付けにはマヨネーズとかなどは 控えて(高カロリーで高脂肪のため)、ネギやニンニク、ショウガ、ゴマ、ネギとかニンニク、ショウガとかゴマ、などの薬味や、トウガラシやトウバンジャンといった スパイスを使います。ポン酢などもいいですね。
・鶏肉の場合は皮を取り除くか、ささみを使うようにしましょう。
・お肉を料理で焼く時は フライパンで焼くのではなく網焼にすれば油は少量ですみます。

食物繊維を意識して摂取

最近の食物繊維の摂取している量は、一日あたり15gぐらいです。けれども 摂らなければいけない摂取量は、20〜25gとされています。ダイエットで食事の量を減らしてしまうと、ますます 食物繊維の摂取量は、少なくなります。食物繊維が足りないと様々な影響が体に及ぼします。 @便の量が減ってしまい、便秘になる。→腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増加する。大腸がんになってしまうリスクが高い。A血中のコレステロール値が高くなる。 糖質の吸収が早まり、インシュリンの分泌量が増加。いろいろな影響を避ける為に、繊維分が多く含まれる 食事をし食物繊維を摂取しましょう。生野菜ではたくさんの量のように見えるため、たくさんの量を食べたという気になります。 しかし、水分が多いし本当はたいした量は食べていない為、食物繊維もあまり摂れていません。

たんぱく質を十分に取る

ダイエットで食事制限をすると、摂取量が減るのがたんぱく質なのです。たんぱく質というと肉・魚・たまごなどがあげられますが、つい 避けがちです。けれどもたんぱく質が不足すると、体に支障が生じます。@リバウンド体質といって、 痩せることが難しく太りやすくなってしまう。A筋肉の材料となる為、筋肉量が減り、基礎代謝量が減る。B内臓・骨格・血液の材料となる為、 体の機能が衰える。C髪の毛・皮膚の材料となるので、肌のつやや張やが無くなって、髪の毛も細くなり抜けやすくなる。食べ物を消化・吸収する時に発生するエネルギーの食事誘発性産熱 が減少するため1日のカロリーの消費量が落ちる。Eたんぱく質が消化されて作られるいろいろな アミノ酸の不足。アミノ酸というのは酵素やホルモンのもととなるので、体内のいたる部分に 支障がでる。





ダイエットの基礎知識のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真